【3泊4日】ボストン&ニューイングランド旅行記 その3(旅程&費用編)【弾丸旅行】

ボストン&ニューイングランド旅行記の最終編として、今回の旅程と費用をまとめました。

また、当初訪問予定だったものの時間の都合で行けなかったスポット、ボストンで実際に宿泊したおすすめのホテルも紹介します。

今回の旅行では、ボストンを拠点に、ニューイングランド地方の6州を訪問することができました。

ボストンやニューイングランド地方を旅行予定の方に参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

当初の旅程

3泊4日でニューイングランド全州(マサチューセッツ、メイン、ニューハンプシャー、バーモント、ロードアイランド、コネティカット)を訪問するという欲張りな弾丸スケジュールでした。

1日目:午前マサチューセッツ州ボストン着。午後バーモント州ストウ&バーリントン観光。

2日目:午前コネティカット州エール大学観光。午後ロードアイランド州ニューポート観光。

3日目:午前ニューハンプシャー州ポーツマス観光。午後メイン州ポートランド観光。

4日目:午前ボストン観光。午後ボストン発。

実際の旅程

旅行初日のフライト遅延&乗り遅れの影響で、スケジュールの変更を余儀なくされ、実際の旅程は次の通りです。

当初の予定以上に弾丸となりましたが、なんとかニューイングランド6州すべてを回ることができました。

1日目:午後マサチューセッツ州ボストン着。

2日目:午前ロードアイランド州ニューポート観光。午後コネチカット州エール大学観光。

3日目:午前ボストン(クインシーマーケット、ハーバード大学)観光。
    午後ニューハンプシャー州Blue Nile、バーモント州Sugarbush Farm訪問。

4日目:午前メイン州ISF Trading訪問。午後ボストン発。

旅程変更の影響で訪問をあきらめた場所

当初訪問を計画していたにもかかわらず、旅程を変更した結果、訪問が叶わなかった場所は次の通りです。

バーモント州ストウ

映画&ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」で描かれているトラップ一家が移住したストウ(Stowe)。

故郷のオーストリアと似た美しいストウの街に魅せられたのだとか。

今でもトラップ一家が経営するTrapp Family Lodgeを始め、トラップと名のつくブルワリーやカフェなどが周辺にあります。

また、近くにはBen & Jerry’sのアイスクリーム工場もあります。

バーモント州バーリントン

バーモント州の州都バーリントン。

特に何があるというわけではないと思いましたが、Church Street Marketの街並みが綺麗そうだったので、ストウまで行くのであれば足を延ばそうと考えていました。

ニューハンプシャー州ポーツマス

日露戦争の講和条約が結ばれたポーツマス。

ロシアがウクライナに侵攻した今だからこそ、訪問する価値があると思っていました。

時間が無くてポーツマスは車で通過しただけですが、歴史に思いを馳せてきました。

ボストンのおすすめホテル

今回宿泊したHampton Inn Boston/Cambridgeを紹介します。

一番のおすすめポイントは、ホテル地下の駐車場が無料なことです。

そして、私がヒルトンとマリオットで検索した限り、駐車場が無料のホテルの中では恐らく最もボストン中心部に近いホテルです。

クインシーマーケットまで直線距離で約1.5マイルなので、天気が良いシーズンであれば徒歩で行くことも可能です。

また、ホテルから徒歩1分の距離にボストン地下鉄グリーンラインのLechmere駅があります。

私たちは利用していませんが、車をホテルに停めて、地下鉄でボストン市内を観光することもできます。

旅行費用まとめ

最後に今回の旅行でかかった費用を備忘のためにも記録しておきます。

旅行時期は2022年3月、期間は3泊4日、大人2人分です。

  • 航空券(アメリカン航空):30,000 JALマイル & 発券手数料 $22.40
  • ホテル(ハンプトンイン):129,500 Hiltonポイント
  • レンタカー(アラモ、車種Standard):$278.77
  • ガソリン:約$120
  • 食事 :約$680
  • 駐車場:約$70
  • お土産:約$200
  • 雑費 :約$50
  • 総額 :約$1,420(マイル&ポイント除く)

航空券は特典航空券、ホテルはポイントを使用したので、$1,000以上の費用が抑えられました。

一方で、食事に重きを置いたので、普段の旅行よりも食費はかさみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました