ロイヤルカリビアン 7泊8日 南カリブ海クルーズ (バルコニー客室編)

ロイヤルカリビアンの7泊8日 南カリブ海クルーズ。

人生初のカリブ海クルーズは控えめに言って最高だったのは、前回記載した通りです。

今回の記事では、私たちが実際に寝泊まりしたクルーズ船(Voyager of the Seas)の客室を紹介します。

スポンサーリンク

Voyager of the Seas

長い廊下の左右に客室があります(最終日チェックアウト後なので多くの部屋が清掃中)

私たちが乗った船は、Voyager of the Seas(ボイジャー・オブ・ザ・シーズ)。

1999年竣工、2019年に改修された15階建てのクルーズ船です。

客室があるのは2-3階、6-12階で、全部で約1,700室もあるそうです。

ちなみに、クルーズ船の客室は英語でステートルーム(Stateroom)と言います。

客室の種類

画像は別の日出発のもの

客室は次の4つのカテゴリーに分類されます。

  • スイート客室
  • バルコニー客室
  • 海側客室
  • 内側客室

同じカテゴリーの中でも、部屋の広さ、設備、階数、窓の有無などによって更に細かく分類されます。

例えば、スイート客室でもロイヤルスイート(高い)とジュニアスイート(安い)があったり、内側客室でも窓がある部屋(高い)と窓が無い部屋(安い)があったりします。

値段もピンキリなので、予算と好みに応じて選ぶことができます。

バルコニー客室

私たちが実際に宿泊した客室

私たちが選んだのは、バルコニー客室カテゴリーの「海側バルコニー」という客室です。

バルコニー客室カテゴリーの中で、最も部屋数の多いスタンダードな部屋です。

恐らく海側客室や内側客室のスタンダードな部屋と、バルコニー以外の部分は同様だと思われます。

周りのアメリカ人から、「クルーズ船の客室は狭い」と聞いていましたが、日本のビジネスホテルより広いです。

アメリカのホテルと比べると確かに狭いのですが、一般の日本人にとっては充分快適に過ごせる広さだと思います。

バルコニー客室の設備

私たちが宿泊したバルコニー客室の設備を写真付きで紹介します。

バスルーム

まずは水回りの紹介です。

バスルームには、シャワースペース、トイレ、洗面台があります。

シャワースペースとトイレ

スタンダードな部屋にはバスタブがありません。

簡易的なシャワースペースがあるだけです。

シャワーのお湯の水圧は強め、温度調整も可能です。

全身シャンプーしか備え付けられていないので、私たちは持参したシャンプーやボディソープを使用しました。

シャワーカーテンではなく、スライド式のドアがあるので、バスルーム中に水が飛ぶ心配はありません。

トイレは普通の様式便器で、トイレットペーパーは向かい側の洗面台の下にあります。

洗面台

日本のビジネスホテルと同等の洗面台があります。

グラスが2個備え付けられていました。

ちなみに、タオルはフェイスタオル、ハンドタオル、バスタオルの3種類が2個ずつ。

使用済のものを床に置いておくと、部屋の清掃時に新しいものと交換されます。

客室

客室のリビングスペースは決して広くありません。

ですが、収納が非常に工夫されているので、それらを有効活用すればリビングスペースの狭さをある程度補うことができると思います。

ベッドは恐らくクイーンサイズだと思います。

大人2人が寝ても狭くないサイズでした。

日本のビジネスホテルでたまに見かける、ベッド下が空洞になっているタイプで、スーツケースを収納可能でした。

ベッドメイキング後に謎のタオルアートが置いてあることもありました

ベッドの横にはソファーがあり、大人1人が横に慣れるサイズです。

座り心地は普通でした。

ソファ

ソファの向かい側には化粧台があります。

特筆すべきは化粧台についている収納の多さです。

化粧水や乳液などの洗顔グッズ、化粧品、髭剃り、歯ブラシなどの小物類だけでなく、ケース買いしたペットボトルの水や備え付けのドライヤーなども引き出しや棚に収納可能でした。

冷蔵庫(クーラーボックス)や金庫も備え付けられていました。

化粧台とテレビ

化粧台のテレビでは、船内情報の他にオンデマンドビデオも視聴可能です。

私たちは航海情報をたまに確認するぐらいでした

クローゼット

バスルームの前にクローゼットがあります。

備え付けのハンガーは10個以上もありました。

オハイオから着てきた冬服、フォーマルデー用のジャケットなど収納可能でした。

また、カーテンレールやバルコニーのイスにハンガーをかけられるので、水着や洗濯した服を干すことも可能でした。

また、夫婦合わせて6足も靴を持ってきたのですが、全て収納可能でした。

クローゼット内部

コンセント

コンセントは化粧台に2口だけ

最後に客室のコンセント事情について。

コンセントは化粧台の上に2口だけしかありません。

なので、複数口の電源タップやUSBタップを持参すると便利だと思います。

バルコニー

最後にバルコニーです。

バルコニーにはテーブルとイスがありました。

バルコニーでは、航海中や停泊中に景色を見るのはもちろん、Cafe PromenadeやWindjammerからコーヒーや軽食を持ってきて食べたりもしました。

バルコニーの価値をどう判断するかは人それぞれだと思いますが、私はバルコニーが気に入りました。

通常の客室よりもバルコニー付きの客室の方が料金が高いことが通常だと思いますが、次クルーズ予約することがあれば、恐らくバルコニー客室を選ぶと思います。

バルコニーからの景色(シャーロットアマリー停泊中)

まとめ

ロイヤルカリビアンのVoyager of the Seasのバルコニー客室について紹介しました。

次回の記事では、Voyager of the Seasの船上設備について書きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
 
にほんブログ村のランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。
 ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アメリカ国外旅行
コーギーをフォローする
OHIO IN MY HEAD

コメント

松井証券
タイトルとURLをコピーしました